【ハンドボール】上手すぎ!サイドシュートの動画集作ったよ!【動画集】

どうもタケちんです。

大学で体育会系ハンドボール部で下手くそながら部活動に参加し、密かにブログで記事を書いて生活しています。

まあ、急ですけどハンドボールって日本ではマイナーなわけじゃないですか。

バスケやサッカー、野球などの他の球技に比べるとネット情報が少ないわけですよね。

ハンドボールの試合がテレビで放送されることなんて本当に稀でなわけです。

だから今回は大好きなハンドボールをいろいろな人に知ってもらいたい、またハンドボールをやっている人に参考にしてもらいたい!という思いから僕がYouTubeで見つけたすごい!と思った動画をここで紹介していこうと思います!!

ちなみに今回紹介するのは

  • 遠目の上
  • 遠目の下
  • スピン
  • ループ
  • プロンジョン

という感じになります。

まあ紹介する前にサイドシュートってそもそも何なのやって方のために簡単に説明させていただきます!

もうわかるわって方は飛ばしてください!

そもそもサイドシュートって何?

この記事を見てる方の中でサイドシュートを知らない人がいるかもしれませんので、簡単にサイドシュートの説明をしていきたいと思います!

サイドシュートとは?

ハンドボールは7人で行われるスポーツです。ポジションはキーパー、ポスト、右45、左45、センター、そして右サイドと左サイド。

その中でサイドと呼ばれるポジションがフィニッシャーとして狭い角度から打つシュートのことをその名のとうり、サイドシュートというわけです。

サイドシュートは狭い角度から打たれるため、正確性と高度な技術が必要となり、サイドはハンドボールのポジションの中で職人的な位置になります。

ですので見てる側も芸術的な何かを見ている気分になるためとても面白いのです。

是非、楽しんでいってください!

サイドシュート動画:遠目の上編

サイドシュートの基本は遠目の上と言われています。

シューターから見て遠い方のバーを狙ってシュートを打つわけです。遠目は目標点が遠いため、急速と遠目に打てる正確性が必要となります。またサイドシュートの技術の中で『しゃくり』というものがあります。一旦目線を遠目の下に向けボールを持っている腕を上から下におろすイメージで高くあげます。

キーパーは遠目の下を潰すように手を下げて下を警戒します。その瞬間に手をしゃくるように上に振り、遠目の上にシュートを打つのがしゃくりです。手首が柔らかく且つ体感が安定していないと放てない高度なシュートです。

それではどうぞ!!

遠目の上編①

この方のしゃくりはとても綺麗ですね!めちゃくちゃ上手いです!こんな風にできればいいのにと日々思っております…引退も近いな…笑

遠目の上②

この方はトヨタ車体で活躍しているふじもんこと藤本純季選手のサイドシュートです。キーパーがカモって遠目を潰してるため近めに打つと見せかけてあえて狭い遠目の上を狙っているシュートですね。本当にうまい。

遠目の上③

こちらも同じく藤本純季選手です。こちらのサイドシュートは目線を落とすことでキーパーの手を下げさせ遠目の下に打つと思わせ、遠目の上を打つシュートです。とてもハイレベルな駆け引きがキーパーとシューターの間で行われており見ていてとても格好いいです。

サイドシュート動画:遠目の下編

キーパーの脇横を狙ったり、足の横を狙ったりして遠目の下に打つシュートです。

慣れていないとキーパーの足にあたってしまい簡単にセーブされてしまいます。しっかりと正確に狙った場所に打つシュート力が求められます。

それではどうぞ!

遠目の下①

24秒〜。ジャンプ力がまずエゲツない………この選手は大崎電気で活躍している小澤選手です。題名通り、超ジャンプシュートです。いや本当にめちゃくちゃ飛ぶなぁ。。

遠目の下②

海外の選手です。ヨーロッパのハンドボールが盛んな地域の選手は本当に手のしなりが異常ですよね。ぐにゃぐにゃ。しっかりとキーパーを観察し、ためてシュートを打っています。正確にキーパーの脇横を撃ち抜きお手本のようなシュートです。

遠目の下③

全然遠目の上シュートですね笑すみません、今気づきました。こちらの選手は脇横を狙うと見せかけてシュートコースを潰しにかかるキーパーの伸ばした手の上の空間にシュートを放っています。うまい!!

サイドシュート動画:スピン編

ハンドボーラーであれば、一度は思う。

スピンシュートかっけえと。

やばすぎると…大崎電気の宮崎大輔選手もスピンシュートに対してこんなことを番組で言っていましたね。

『これがハンドボール』と。これぞハンドボールであると。スピンシュートは魅せ技でもありますが、角度の狭いときなどには有効です。

決まると歓声が。。そんな技術です。

スピン動画①

27秒〜。意表つくためにか広いスペースをあえて使わないで、ボールを保持した瞬間にスピンを放っていますね。キーパーも驚いたことでしょうね。やっぱり決まると周りからの『おおお!』という感じがこっちにも伝わりますね!

スピン動画②

こちらはドイツ代表のゲンスハイマー選手です。世界一手首が柔らかい選手です。多分。ちなみにこの選手は私が個人的に一番好きなサイドプレイヤーでもあります。この人のサイドシュートをよく見るのですが、その中でもこの人の『ハイポジションスピン』はめちゃくちゃヤバイです。投げる手をわざわざ折りたたまず、いつもシュートを打つポイントでスピンをかけます。どうやったらそんなシュートが打てるんだ!!!って感じです。

スピン動画③

ちなみにこれもゲンスハイマー。上の動画と同じ『ハイポジションスピン』なのですが、こっちの方が画質が良くて見やすいので是非こっちも見てみてください!

スピン動画④

これでもかとスピンシュートを詰め込んだ動画になります。全部ヨーロッパの選手によるシュートですので是非、参考にしてみてください!!

サイドシュート動画:ループ編

キーパーが前に出てきた時や少し前気味な時にボールを軽く浮かせてゴールを狙うシュートです。

あまり浮かせすぎるとゴールを通り過ぎてしまう上、低すぎるとキーパーに簡単に取られてしまうシュートです。人によってループのタイミングは違いますが、サイドがシュート体制に入った瞬間に間合いをつめてくる場合は早めにボールを手から離し、もともと間合いが狭いキーパーに対しては普通にシュートを打つと見せかけて少しためてから手を下げさせてループを打つのが多いのかなと思います。

それではどうぞ!

ループ動画①

いやーこれ本当にうまいですよね。少し手を巻いてからループを売ってるのでスピンと見せかけたループですね。めっちゃうまい。よくこんなにちょうどよくゴールに吸い込まれるか不思議です。技ありのシュートですね。

ループ動画②

これもめちゃくちゃうまい。日本のではありませんが、参考にしてみてください。しっかりとためてキーパーの手と手を間のスペースを綺麗に射抜いていますね。お手本のようなシュートです。

ループ動画③

またまた登場したゲンスハイマー選手。これループっていうかなんていうか…なんだよこれ(笑)スローモーションなので実際にどのくらいのスピードなのか見当がつきませんが、早くはないはずです。ジャンプして最高点に到達した時に手を振り下ろしていますね。本当クレイジーなシュートですがなんとなくループ編に登場させました。

ループ動画④

ループを見たくて見たくてたまらない!!って方のためにこの動画をはります。ループ祭りです。これもヨーロッパの選手がメインですので、参考になると思います。逆に参考にならないかもしれませんが(うますぎて)

 

サイドシュート:プロンジョン(ムササビシュート)編

右利き、右サイドの選手が放つ体を傾けて放たれるシュートですね。基本的に右ジャン(右足でジャンプ)で飛び重心をだんだん傾けることで角度を稼ぎゴールを狙います。

体感とバランスが重要な上、コースも限られてくるため急速、コースを正確に狙える技術も必要になります。空中で体が真横になることからムササビシュートとも呼ばれます。

それではどうぞ!

プロンジョン動画①

お手本のようなプロンジョンですね。ボールを走りながら受け取り角度をギリギリまで使い正確に遠目に打ち込んでいま。これができれば文句なしにプロンジョンシューターと呼べるでしょうね!

プロンジョン動画②

13秒〜。意味わからん。化け物。これに限ってはムササビシュートでもなんでもなくてただ化け物という動画。体も傾いてないけど、見て欲しくて載せました笑

プロンジョン動画③

10秒〜。画質が悪いですがとても参考になるので見てください。これもめちゃくちゃうまい。というかジャンプ力がすごい。シュートフォームもとても綺麗でキーパーが遠目を潰せない位置に打ち込んでいる。恐るべしシューター。

プロンジョン動画④

体全体の使い方と腕の振り方が見事。キーパーの手を避けるようにシュートを放っている。勢いを失った状態からこのようにシュートを打てるシューターはなかなかいない。

まとめ

いかがだったでしょうか?サイドシュートとは言ってもいろいろなバリエーションがありますよね。

サイドは職人だという言葉が少しは理解できたでしょうか。これはあくまでサイドというポジションでのシュート動画になります。他にも45だったりポスト、センターなどまだまだポジションはいっぱいあります。今回サイドシュートの動画をたくさんあげたのは単に僕がサイドシュートが好きだからです。他のポジションに魅力がないとかそういうことでは決してありません。

サイドでレギューラーを目指している、またはサイドプレイヤーとしてすでに活躍している人、参考になりましたでしょうか。

サイドシュートを初めて見た方、サイドシュートの魅力について知っていただけたでしょうか。

まだまだ紹介していないハンドボールのことが山ほどあります。それらはまたの機会にでもしようかと思います。

ではおやすみ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。