【iPhone6】WiFiの接続が悪かったので原因を探ってみた!

どうもタケちんです。

皆さんはiPhone使ってますか?使ってるとしてどのモデルを使ってますか?

7?8やX?それとも6や5の型落ち??

ちなみに僕は未だに6を使ってます。

それでちょっと前に使ってた別のiPhone6のWiFiの接続がすごい悪くて、おかしいなと思ったんですよね。

そのiPhoneを使ってた時期は家のWiFiも繋がんないんで速度制限に毎月すぐかかってたんですよ。だからすごい不便だったんです。

だから今回はそんな僕みたいな悩みを抱えている人を少しでも少なくするために、

その時『どうやってWiFi状況を回復させたのか、原因はなんだったのか』を今回は話していこうかと思います。

疑い①:ルーター本体

過去、たまにルーターの調子が悪くなって家のWiFiが繋がらないことがたまにあったんですよね。

だから最初は、他のものに目もくれずルーターを速攻で疑ったわけです。

でもおかしい。僕が同じ部屋でいじっているこのMacBookはWiFiをビンビンに拾ってやがる。そして姪っ子が使っているiPadもMacBook同様、ビンビンにWiFiを拾っている。

そしてその中でこのiPhoneだけが、、、、、

なんなんだこのクソファック端末は!!!!

疑い②:端末の設定状況

ルーターにはどうやら問題がないみたいだったので次は端末の設定状況を確認してみました。

そしたら、設定のWiFiのところが『オフ』になってやがる。

なんだ、簡単なことじゃねえかとすぐさまそこの設定を『オン』に変更。

これで事件はおさまった、その時は感じていた。

いざiPhoneをいじってみると、え?なんで?

勝手にWiFiが切れてやがる。

どうなってんだ。これは何かの間違えだ。

もう一度、設定からWiFiの設定を確認すると

『オフ』

なんで?え?わけわかんねーんだけど。なんでご主人様の命令に勝手に逆らってんだこいつは。

 

やり手だな、とおもった。

 

っていうのもこの端末、もともと僕のではなく、メルカリで購入したキャリアが同じ(ちなみにau)ものだったんです。

その前はキャリアはauだけどiPhoneを紛失してしまって(その失くした時もiPhone6)simだけを再発行してもらったんですよね。そしてそのsimをなんの端末にぶち込んだかというと、友人からもらったiPhone5だったんです。

でもiPhone5だとめちゃくちゃ感度悪い上に容量が16GBだったんで、毎度写真をとるごとにストレージが満杯でめっちゃ使いにくかったんです。

だからメルカリで購入した画面割れのiPhone6を自分で修理して使ってたんです。容量も128GBと超大きくて最高だったわけです。

そんな端末がWiFi拾わないんですからユーザー(僕)はブチ切れなわけです笑

おめえええええ前の持ち主の時もWiFi拾わなかったんだろ!!!だから売りに出されたんだろ1!!!ってな感じで僕は切れてたんです笑

まあという理由でこいつがやり手だと思ったわけです笑

無駄話が過ぎましたが、どうやら端末の設定状況が悪いのではないと判断したんですよね。

疑い③:simカードが壊れてる?

一応疑ってみたんです。でもそもそもsimって電話だったり通信するためのものじゃないですか。WiFiってsimがなくても繋がるし。

でももしかしたらその通信中にsimの不都合がWiFiの接続を邪魔してんじゃないかと思ったわけです。

だから試しにsimカードを抜いてみたんです。WiFiだけで使えるかどうか。

相変わらず、WiFiは拾ってくれなかった。

疑い④:端末本体の不都合

もしかして一番最悪なケース

端末がおかしいの?

端末がおかしいとわかれば、それは事件である。

今まで頑張って試行錯誤し、原因を追求した意味がなくなってしまう。

この端末をかばった時間が無意味なものへと変化してしまう。

その上、端末の変更を余儀なくされる。それは大学生の僕にとってはなかなか厳しい出費である。

それはあってはならない。と思ってはいたものの、実際もう端末がおかしいとしか考えられない。

はあ、めんどくさ。

原因は端末だった

どうやら端末自体が壊れてるみたいだった。でも実はそれがわかったのは実際に端末を変えてから。それから初めて

ああやっぱ端末が終わってたんだなって思った。

ちなみにあいにく僕は友達から買い取った別のiPhone6を一台持っててそれにiTurnesからバックアップを取ってすぐに機種変をした。

15分もかからなかった。

その端末は64GBでクソ端末よりは少しだけ容量が下がるけどまあいいやって思った。

おかげでWiFiをビンビンに拾ってくれている。

とりあえず、一件落着。

機種を変更する以外に改善方法はあるの?

今回、僕はてっきり端末全体がオシャカになってしまっていると思っていました。

しかし調べてみるとiPhoneにはWiFiを拾うアンテナが付いており、それを交換してしまえばどうやら治るらしいのです。

ちなみにアンテナの修理は15分程度で済む上に4000円くらいで足りるらしいので端末ごと変えるよりは断然、アンテナ部分のみを交換した方がいいでしょう。

アンテナの修理はiPhone修理ショップなどに持っていけばやってもらえますし、自分で端末をこじ開けて修理ができるという人はAmazonなどでパーツを購入し自分で直してみるのもいいかもしれません。そうすれば、パーツ代だけで済みますし、再び壊れても自分で治すことができます。

パーツはだいたい600円くらいで済みます!(iPhone6の場合)

WiFiアンテナの故障を疑う前に

アンテナ故障を疑う前に以下のことを実行してみましょう。

  • 端末を再起動をしてみる
  • 機内モードになっていないかを確認してみる
  • 設定からWiFiが『OFF』になってないかを確認する
  • 設定でDNS欄を半角で8888と入力
  • iOSをアップデートしてみる
  • ルーター自体を再起動してみる
  • ネットワークをリセットしてみる

以下のことをやってみても改善が見られない場合は、端末のアンテナを疑ってみた方がいいかもしれません。

またアンテナは水没や落下により故障するケースがよくあるそうです。)

記憶を遡って見てそのようなことがあったのなら尚更、アンテナが終わっている可能性がありますので疑ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回、僕も初めての経験だったのでまさかWiFiのアンテナが壊れていたとは思ってもいませんでした。

実際、僕は落としたり水没させたりしていません。ただ、前の持ち主がどうだったかはわかりませんが。

原因はどうあれ、アンテナが壊れていれば話になりません。ちゃんと修理やさんに持って行ったり、自分で直してみたりして改善しましょうね。

でないとすぐに速度制限に掛かってしまって大変です。

ただ、ほとんどの場合壊れていることはないと思いますので、まずは自分のWiFi環境を見直してみるといいかもしれません。

この記事が少しでも皆さんの役に立てれば幸いです!!

では!

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。