【レビュー】THE NORTH FACE『Access Pack 28』を購入してみた!感想はいかに?

どうもタケちんです。

みなさん、ガジェット系お好きですか?僕ですか?僕は大好きです!

そんなガジェット好きの僕が今回、ずっと前から欲しかったTHE NORTH FACEの『Access Pack 28』を購入したのでそのレビューを書いていきたいと思います!

『Access Pack 』ってそもそもなんぞや?って方はこの動画をまずはご覧下さい!!

やばくないですか!?なんか洒落すぎて興奮しませんか!?僕だけ?

とにかくガジェット好きにはたまらないんですよ。本当に欲しくて欲しくてたまらなかったわけです。

 

あの凝ってつくられたポケットやワンアクションでモノを取り出せる機能性などかっこ悪いわけないやん!!

あ、すみません。話がそれましたね、さっそく書いていきたいと思います!

購入した『Access Pack 28』のご紹介

まず僕が今期購入したAccess Packについて説明していきたいと思います。

  • 容量:28L
  • 重量:2,240g
  • 大きさ:55/33/18cm (H/W/D)
  • 色:セドナセイジグレー
  • 型番:NM71750
  • 価格:43,200円(税込)

以下は公式サイトからの引用になります。

アクティブなシティライフをサポートする、バックパック型の革新的なビジネスパックです。15インチまでのラップトップ型PCが収納可能な28Lの本体は、ハードケース調のフレーム構造を採用し、スマートなセルフスタンディングデザイン。ロック機能を持つワンプッシュオープン構造のメインコンパートメントに加え、イジェクト機能を取り入れたPCスリーブ背面コンパートメントを装備。各種ガジェットを効率的に収納できるオーガナイザーポケットを数多く配備。アウトドアブランドならではの優れた機能とデザインを融合しています。

引用:THE NORTH FACE

今回紹介するのは上記のスペックですが、Access Packには二種類ありこの他に22Lの女性向けの『Access Pack22』もあります。また色も二種類から選ぶことができ、黒とセドナセイジグレーから選ぶことができます。

各部分の機能性や収納性、容量などを詳しく説明

各部分、ポケットや収納スペースなどの機能性や収納性、容量などを細かく詳細に説明していきたいと思います。

金具

メイン収納スペースの上部にはメイン収納スペースを開けるための金具がついています。金具はフックみたいになっており、この金具を指で「クィ」と上げると、上部の蓋が

「ガバッ!」と開きます。

この金具をあげることに感動を覚えた人も多いと思います。自分もその一人です。だって、こんな開き方するリュックを見たことないもん!本当に気持ちいぐらいに「ガバッ!」と空きます。

また金具にボタンが付いており、そのボタンを押すことで蓋の開閉をロックすることができます。

メイン収納スペース

蓋をあけるとメイン収納スペースが顔を出します。メイン収納スペースには衣類や書類、教科書を入れられるメインスペース、メインスペースの背中側にはiPadなどが入りそうなポケットが一つ、iPhoneが入りそうなポケットが二つ、ペンやシャーペンを刺せる小さなポケットが二つ付いています。

各ポケットには矢印のついた引っ張れそうな「何か」が付いており、それを引っ張ると、そのポケットに入っているモノを素早く取り出すことができます。

ポケットの下にはファスナーのついたミニ収納スペースが設けられており、そこには小物やコードなどがしまえます。

収納スペースの背中とは逆の方にはファスナーのついたミニ収納スペースが設けられており、こちらも同様ミニ手帳や小物を入れることができます。

蓋のちょうど裏に位置する場所にはファスナーなどが付いていない、眼鏡や充電器が簡単に取り出せそうな収納スペースが設けられています。よく使うものをその場所に入れるといいかもしれません。

サイドファスナーポケット

メイン収納スペースの外側には、二箇所、左右にファスナー付きのサイドポケットが設けられています。このポケットは左右別々のスペースが設けられており、折りたたみ財布や小さな小物、薄いものなどが収納できます。

PC収納スペース

背負うと背中とメイン収納スペースの間に位置する場所にPC収納スペースがあります。

この場所はPCのために設けられたスペースなのでとても頑丈に作られており、ケースなどが必要なくてもそのままノートパソコンを収納することができます。

この収納スペースにはオレンジ色の紐でできたレバーが付いており、そのレバーを持ち上げることで中にあるノートパソコンを簡単に取り出すことができます。ちなみに15インチに対応しているため、僕が使っているMacBook air11インチは少し小さくて収納するとちょっとグラグラします。

収納スペースにはファスナー付きのポケットが設けられており、そこにはノートパソコンの充電器等を入れることができます。動画にもあるようにこのリュックの一番の注目点と言っていいでしょう。

バックル

背負い紐にはバックルが付いています。そのバックルは従来のリュックとは違い、簡単に紐の長さを調節することが可能です。リュックを背負っている状態でバックルを上に顎クイするイメージであげます。そうするとあらびっくり、簡単に紐が長くなります。

Access Packのここがちょっとなぁ…汗

機能性や耐久性、収納性などを追求したこのリュックはやはりその性質ゆえに出てしまうデメリット的な部分もあります。それらの点を説明していきたいと思います。

ちょっと重たい…汗

ちょっと重いんですよね。僕は普段、リュックを二種類使っていて、一つが街用や通学用で使っているAER’CTERYXの『Allow 22』、もう一つはスポーツ用(部活など)で使っているTHE NORTH FACEの『RECON』です。それらを普段使っているせいか、Access Packはちょっと重く感じるんですよね。

重さを実際に比較してみると

  • Allow 22 : 1,100g(22L)
  • RECON:1,200g(31L)

に対して

  • Access Pack 28:2,240g

僕が普段使っているリュックと比較すると、2倍近くの重さなんですよね。だからだいぶ重く感じてしまいます。しかしながら材料や質を考えると妥当な重さなのかもしれません。実際、普通に背負ってたらあまり気にならないかも。

高い…汗

そうなんす。高いんです…笑

公式オンラインサイトで買おうとすると43,200円もします。いやぁ、なかなかなお値段。私は中古で買ったからいいもの、新品で正規店からの購入を考えている人からしたらなかなか手が出ない値段ですよね。

最近は並行輸入品も増え、少しは買いやすくなったものの、せいぜい30,000円とか…。まあでも機能性や質を考えるとそのくらいは仕方がないかもしれません。高い方が手に入った時に嬉しいですしね。まあ人生長いんですし長い目で見れば大した金額でもないかもしれません。

メイン収納スペースについているポケットの引っ張るヤツは収納するモノ次第では機能しない

まああの名称が分からないので見出しが長くなってしまいましたが、ポケットについているあれですね。ポケットにはしっかりと決まりがあって、例えば、iPhoneだったり、充電器だったり。そしてそのポケットの役割以上大きいものや逆に小さすぎるモノを入れちゃうとアレは機能しないんですよね。でもしっかりと入れるモノを見極めて使いこなせればなんてことありませんし、動画のように本当にクールに使いこなせるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事を読んで、ますます買ってみたいと思ったり、やっぱりやめておこうと少しでも判断をする助けになったら嬉しいです。

僕はTHE NORTH FACEが好きすぎてもう衣類に限っては本当に40着以上持っていますし、その他アイテムもたくさん持っています。その中でもこのAccess Packは歴代に残る傑作に間違いないでしょう。

本当にガジェット好きをワクワクさせてくれる商品です。またこのAccess Packを開発したことでますますノースフェイスユーザーは今後の製品開発に期待することになったと思います。

皆さんも是非、Access Packの購入を検討してください!!

では!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。