【大学生必見】メンズTシャツおすすめブランドをジャンル別に紹介!(18選)

どうもタケちんです!!

夏といえばTシャツですよね。

でも夏ってどうしてもシンプルな着こなしになっちゃうじゃないですか。

だからこそTシャツをちょっとブランド物にしちゃえば案外なんとかなっちゃうんじゃないですか!(っていう勝手すぎる考え)

ってことで今回はメンズTシャツを3つのジャンルに分けて紹介していきたいと思います。

ちなみにジャンル分けはかなり雑ですが

  • スポーティーに決めたい時に選びたいブランド
  • うるさく感じさせたくない人向けのブランド
  • ストリー系向けブランド

と分けました。各6ブランドずつ紹介します。

それではどうぞ!!

MEMO
ちなみに今回紹介するブランドは万人するだろうと僕が判断したものなので、マニアックなブランドやマイナーなブランドは書いていません。そこら辺を了承の上お詠みになってください。

スポーティーに決めたい時に選びたいおすすめブランド

NIKE(ナイキ)

引用:【NIKE公式】ナイキメンズTシャツ & トップス. NIKE.com

オニツカタイガー(現アシックス)のシューズを輸入し販売していた会社が輸送トラブルや発注ミスなどを機に自社でシューズを開発しようとしたのが始まり。スポーティーな感じで1着はあってもいいブランドTシャツですね!スウェットにも合いますし下にスキニーなどを合わせてもシンプルに着こなすことができます。また清潔感もありスポーツをやっていて自分の筋肉を見せつけたい!!って人はナイキのSサイズを着るといいかもしれませね。(笑)

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

NIKE公式サイト

adidas(アディダス)

引用:【adidas公式通販】Originals オリジナルス メンズTシャツ | アディダス

次はこちらの定番中の定番、アディダスです。プーマの創設者とアディダスの創設者が兄弟なのは有名な話ですよね。最初は二人でスニーカーを販売、政策をしていたものの対立し、二つのメーカーにわかれました。ナイキ同様、胸にアディダスのロゴがどんと入っています。こちらも特にアディダス以外のロゴの主張を抑えれば清潔感の漂う感じになりますね。スポーティーな感じで無難を選択する方はオススメのブランドです。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

adidas公式サイト

Reebok(リーボック)

引用:【Reebok公式通販】Tシャツ ウェア | リーボック オンラインショップ

イギリスのスポーツブランド。現在はアディダスの傘下であるリーボックだが、一時は北米で1位、2位を争う人気を誇った。有名ブランドでありながらあまり着ている人があまりいないイメージですが、実際シンプルな割にはアプローチができるTシャツが揃っています。特にスニーカーやナイロンジャケットはファッション性、機能性が高く、評価されています。あまり人とかぶりたくないけど何かブランド物を着たいって方にはオススメですね!ロゴにも時代別の形が存在し色々試してみるのも楽しいです。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

Reebok公式サイト

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

引用:THE NORTH FACE ザ・ノールフェイスロゴT(wear)

1968年、当時は小さなメーカーであったノースフェイス。当時から今の原型となる商品を多数開発しておりテントやバックパック、ダウンパーカなどユーザーから高く評価されていました。アウトドアブランドでありながら街着として扱われることが多くなったノースフェイスですが、今現在も機能性を求めて日々進化しています。ファッション性が高く夏に着る一枚にピッタリですし、デザインも豊富でノースフェイスだけで夏を越しちゃうこともできちゃいます。ちなみに僕が一番好きなアウトドアブランドでもあります!

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

THE NORTH FACE公式サイト

patagonia(パタゴニア)

引用:【楽天市場】パタゴニア Tシャツ

1970年代、ウェアの販売数の増加をきっかけにどの国の人でも発音がしやすい「パタゴニア」と言う社名をつけた。こちらもノースフェイス同様、アウトドアブランドです。ロゴがそのままTシャツにプリントされただけなのになぜか夏を思い出させてくれる一枚です。主張が激しいように見える一方で、どうしてもシンプルになりやすい夏着にアクセントを加えられます。ファッション界にはそこまで進出してないパタゴニアではありますが、このTシャツは廃れることなく評価されています。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

patagonia公式サイト

Colombia(コロンビア)

引用:Tシャツ・カットソー|コロンビアスポーツウェア[公式]アウトドア用品

1938年、アメリカのオレゴン州へと創設者であるポール・ラルフロムはビジネスを開始するのに当たり小さな帽子問屋の権利を勝ち取り、近くのコロンビア川から名前を借り、コロンビアハットカンパニーという会社を設立しました。現在ではアウトドアブランドとなり登山家などから愛されるようになりました。シンプルなデザインなだけに万人ウケを狙える一枚です。清潔感があり、夏の暑苦しさを一掃してくれるデブランドですね。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

Colombia公式サイト

うるさく感じさせたくない人向けのおすすめブランド

Champion(チャンピオン)

引用:Tシャ|チャンピオンの公式通販サイト

アメリカ発祥のブランド、チャンピオン。歴史はかなり古く1919年まで遡ります。そこから着実にメッシュTシャツの開発やセーター、パーカーなどにも大きく影響を与えました。リバースウィーブの特許は1938年、チャンピオンが取得しました。Tシャツの定番の座を長年維持し続けるブランド。無知なTシャツでは物足りない、という方にもってこいであり出番の場が幅広い一枚ですね。夏にもファッションに気をかけているユーザーに多く評価されているブランドです。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

Champion公式サイト

MHL(エム・エイチ・エル)

引用:wearより

MHLは略称。名称はMARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)という。始まりは遡ること50年前。創業者でありブランド名でもあるマーガレットハウエルが1970年、一枚のTシャツの販売しました。シルエットががゆったりめなのが特徴で当時脚光を浴びました。これのショルダーバッグはとても使いやすく有名ですが、このTシャツもものすごくおしゃれです。HMLのロゴがアクセントになっておりポケットもまた可愛いです。デザイン的にはシンプルですがシンプルの中に究極のおしゃれが施されてる感じがしますね!今一番欲しい一枚です。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

MHL公式サイト

Lee(リー)

引用:Lee公式オンラインショップ

Leeの歴史は以外にもかなり古く、創設は1889年になります。当時は雑貨屋さんでありのちに販売されるワークウェアの販売は20世紀に入ってからでした。1911年、初のオーバーオールのウェアを作り上げその翌々年、自動車整備用のオーバーオールワークウェアの販売により全米で人気になりました。その後着実に成長を続け現在のファッションブランドとなりました。MHLと似たデザインですが、肩にもロゴが入っており、胸ロゴが少し小さくデザインされています。これもまたおしゃれなデザインですね。Leeは「Lee」のビッグロゴが入ったトレーナーなどが主流な気がしますが、この控えめな主張がまた心惹かれますね。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

Lee公式サイト

agnes b.(アニエス・ベー)

引用:アニエスベー公式通販サイト|agnes b. Shopping Online

ファッションデザイナーであるアニエス・ベー本人により設立されたファッションブランド。婦人服や紳士服、化粧品や子ども用品までを手がけている。最近では女性に大人気のメーカーではありますが、なぜメンズのTシャツとしておすすめするかというと、このブランド、めっちゃ好きなんですよね個人的に。Tシャツにおいてはこの上のようなシンプルなロゴデザインから、可愛いトカゲ?がプリントされたものまで。これだけでおしゃれを着ている気分になります。是非、検討してみてください。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

agnes b.公式サイト

Ralph Lauren(ラルフローレン)

引用:rogers.ie

ラルフ、ポロとの愛称で呼ばれているラルフローレン。その名の通り、ポロシャツや高級スーツが有名である。広い年齢層から愛されているラルフローレン。時代に流されず、長い間廃れず愛されてきました。やはりこのブランドは紹介しておかなければ。大人っぽさを兼ね備えたシンプルなロゴ。飾らない感じがいいですね。おすすめの一枚です。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

Ralph Lauren公式サイト

BEAMS(ビームス)

引用:wearより

セレクトショップであるビームス。1976年、アメリカからの直輸入で洋服を販売し大成功を収めた。セレクトショップ兼ブランドである。シンプルなゴシック体のロゴを真ん中に配置したTシャツ。これはビームスの一部のデザインのTシャツでありその他、飾らないビームスらしいTシャツが販売されています。ストリートにも愛されているブランド。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

BEAMS公式サイト

ストリート系向けのおすすめブランド

TOMMY(トミー)

引用:”tommyhilfier instagram”より

TOMMYは通称、ブランド名はTommy hilfinger(トミー・ヒルフィガー)です。大学で去年多く見かけたトミーのTシャツ。大学の講義室に一人は着てる人がいましたね。クラシックアメリカンがトミーのスタイルらしくストリートでも見かけるようなデザインっぽいなという私の独断と偏見によりストリートに分類しました。(笑)これ一枚だけでもストリートを先取りできそうなデザインですよね!

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

TOMMY公式サイト

STUSSY(ステューシー)

引用:ZOZOTOWNより

基本的に前側、背中側とステューシーお得意のロゴが入っています。この上に貼っている画像はシンプルなデザインですが、他にも背中に龍のロゴだったり激しいペイントだったりが施されています。ストリート系に愛されているブランドで有名ですが、系統を意識せずにも着ることができますね。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

STUSSY公式サイト

X-large(エクストララージ)

引用:Buyeeより

エクストララージの始まりは1991年、アメリカでストリートカルチャーが盛んな中、設立されました。創業者は建設学校を卒業したばかりの若者です。なんで画像のモデルが着てるのゴリラじゃなくて犬なんだよ!!っていうツッコミは置いといて、エクストララージといえばやっぱりロゴにドドント存在感のあるゴリラですよね。こちらもストリート系で愛されているブランドです。パーカーなどを街で着ている人をよく見かけます。

 

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

X-LARGE公式サイト

FILA(フィラ)

引用:FILA|フィラ|公式サイト

韓国のスポーツ用品メーカーであるフィラ。もともとは某自動車メーカーの傘下だったためモータースポーツのユニフォームなどを手がけていた。発祥はイタリアであるが韓国のメーカーがニューヨークのフィラ本社を買収し現在は韓国のブランドとなっている。そのロゴのルックスから女性から愛されているブランド。ストリート系から愛されているブランド。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

FILA公式サイト

HUF(ハフ)

引用:Amasonより

スケートブランドであるハフ。スケートボードやストリートファッションなどあらゆる分野でリスペクトされる分野を目指したブランド。入手が難しいものを取り扱いプレミアム商品を売ることで瞬く間に知名度が上がっていった。ナイキやアディダスなど、大手ブランドとコラボなどもしており、ストリート系の人間は知らない人はいないであろうブランド。 一見シンプルに見えるHUFはボックスロゴのデザインや派手目のプリントの商品を販売しておりストリケート系から人気があります。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

HUF公式サイト

THRASHER(スラッシャー)

引用:Amazonより

今では若者に大人気のスラッシャー。しかしもともとはファッションブランドではなく「スラッシャー」と呼ばれる雑誌が起点です。若いスケーターをターゲットとしたその雑誌は、その後ファッションアイテムの販売をきっかけにファッションブランドへと成長。今ではスケーターだけでなく高校生や大学生などの若い世代に大人気のブランドとなりました。

サイトへはこちらからGO!!

↓↓↓

THRASHER公式サイト

まとめ

いかがだったでしょうか?いろいろなブランドがあり悩むかもしれませんね。

夏はシンプルで暑ぐるしく感じさせない服装が理想です。Tシャツ一枚で十分!!

でもだからこそ、その一枚にちょっとでもおしゃれを加えたい!

ここにあげたブランドはごく一部です、他にも僕さえも知らないブランドが大量にあります。ぜひ、自分にあったブランドのTシャツを着倒してこの夏を乗り切りましょう!!

では!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。