【学生向け】大学の体育会系の部活が学生から奪ってしまう3つのモノ

どうもタケちんです。

あああ、最近は卒業シーズンですね。胸に花を飾って下校している中学生や高校生を見ると少し胸が熱くなりますね。

この記事を見に来てる方々はおそらく何か大学の部活に関して疑問を持っていたり、大学で部活やってみようかなあって思っていたり、大学の部活やめてえなあなんて考えてると思うんですよ。(雑かよ)

そして今回はそんな大学の部活に関するうちのデメリット的な部分、ズバリ

『大学の体育会系の部活が学生から奪ってしまうモノ』について書いていこうかなと思います。

まあ何で体育会系に絞るかというと、シンプルに私が大学で体育会系の部活にしか所属していいないからです。文化系の部活動のことはよく知りませんし、きっと当てはまらないと思います。(適当)

はじめに

突然ですが皆さんは、大学生になってどんな団体やサークルに所属していますか?

サークルだったり、学生団体、部活動まで幅広く対応している大学。そんな環境の中で

どんなことを日々思って行動してますでしょうか。

私は大学で体育会系の部活に所属していますが、最近その環境にいる中で思うことがあったので今回、この記事を書こうと思ったわけです。

あくまで僕個人の意見ではありますが、まあ大体合っているだろうと勝手に自負しています。

正直、今回は否定的なコンテンツがメインですので大学で部活動に所属している人がこの記事を見たら私は激怒されるかもしれません笑

その時は。。。。。。。すみません。。。

大学の体育会系部活動が奪ってしまうもの①:時間

大学生活において時間の使い方はとても自由なわけです。ですが自由な故、その時間がめちゃくちゃ大切なわけなんですよ。

誰もやったことないようなことに挑戦したり、呑んだくれたり、インターンに行ってみたり、アルバイトをしてお金稼いだり、大学って

本当にやりたいことができる場所

な訳ですよね。

でもその時間が部活によって縛られたら正直、学生にとっては都合が悪いわけですよ。部活が好きで好きで仕方がないって人はいいと思います。それは立派なやりたいことですからね。ここで都合が悪いという人っていうのは

「部活に所属してたいけど他のことも挑戦してみたいって人」な訳です。

大学の時間は有限ですからね、学生という立場を大いに利用してやりたいことをやってほしい時期でもあるんです。そんな貴重な時間を部活に裂かれてしますのは正直痛いと思います。

やりたいことが見つかったら、躊躇せずに休部していいんですよ!大丈夫です。しっかりと理由をもって堂々と休部すれば仲間たちは何も言いませんよ。

もしこの理由を詳しくい知りたい人がいましたらこの記事を読んでもらえるといいかもしれません。

【学生向け】大学生活の時間がめちゃくちゃ大切な理由

大学の体育会系部活動が奪ってしまうもの②:冒険心や挑戦心

大学の体育会系の部活に所属している人って、冒険心や挑戦心が少ない人が多いです。彼らは中学校や高校、早い人は小学校からその競技をやっているわけです。

それを大学でもやるということは相当、その競技を愛してやまないか、有望選手か、またはその両方であるわけですよね。

しかし捉え方を変えれば、

『別なことに挑戦しなかったり、冒険しなかった』ということになります。

そもそも部活の他にやることが少なかったり機会がなかったりしますからね。

私がヒッチハイクをした時も、周りの同期は

「お前、よくそんな変わったことできるよな笑」と感心?されました笑

みんな少し変わったことや人と違うことに挑戦することに躊躇しますし、周りの目を恐れます。大学で体育会系の部活に所属している人は世間体を気にする人が多くいますし、そのせいか逆に変わったことに挑戦している人を見ると色眼鏡で見る傾向が強い気がします。

なので、意識高い系と呼ばれる人種をあまり好ましく思わないようです。でも全員が全員そうではありませんよ。

大学の体育会系部活動が奪ってしますもの③:個人行動力

大学で体育会系の部活に所属していると就職で有利と言われています。それは組織行動力に優れているからだと私は強く思います。

何かを複数人で成し遂げる能力が高い体育会系部活動の所属部員は、そう言った組織力を必要としている企業にとってはもってこいなわけですよ。また礼儀が正しいというおまけも付いています。

ですが基本的に同じコミニティーの中で生活しまた集団で行動する傾向が強いために、個人行動で何かを成し遂げる能力が社会人になるまでに身につかないことがあります。私の同期は一人で何かをしたり、一人でどこかに行ったりあまりしません。全員ではないですが、そのような割合の人が多いです。

一人で行動できる能力は必須ではないですが、人に左右されずに行動を起こせると時間や場所に縛られずとても気楽に生活できます。

ちなみに私ごとですが、一人で外食するだけでも「すげえな」って同期に言われます笑

普通の人なら普通の事なんですけどね。(語彙力)

体育会系の部活に所属している僕から

こんな部活に対してネガティブな事を書きましたが、僕は部活が

大好きです

いやほんとだよ?

毎日部活に行くのが憂鬱だし面倒だけど、結局同期に会いたくてしょうがないわけよ。本当に楽しいし、いいやつばっかだから。

まあなんでじゃあこんな事を書いたのかっていうと、現役で体育会の部活動に所属している人たちに①は無理でも②と③は奪われないようにしてほしいんですよね

大学で部活を最後までやるってなると大学の4年の秋までやることになります。そうすれば自由に何かをできる時間なんて限られますし、コミニティーだって狭くなります。どうか、視野を広く持って、新しいものを受け付けることができる心を持っていてほしいです。

最後に

ちょっとネガティブな内容を今回は書きましたが、これは別に

大学で部活をするな!!って言ってるわけじゃないですからね。

大学の部活で得られるメリットは測りきれないですし、そんな僕だって大学で部活をしてるんですから。

しかしながら失うものも多くあるわけですよ。そしてそれは所属してる側は案外気づかないもんです。コミニティーが限定されますからね。

それを文字化して実際に自分と当てはめてみてほしいんです。部活をやっている人に。

そしたら少しは自分を見つめ直せるかもしれないじゃないですか。

大学で体育会系の部活に所属している人は是非、自分を見つめ直す機会を就活前に設けてほしいですね。

ではまたねb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。