【趣味】楽器始めてみたい!初心者にオススメの楽器はこれだ!!

どうもタケちんです。

今回は初心者にオススメの楽器を紹介したいと思います!

これでも僕は過去にサックス、ギター、ベース、チェロ、コントラバス (弦楽器ばっか)をやったことがあります。(フルートもほんのちょっとだけ)

トランペット等は友達に借りたりしてふざけてやったことしかないです笑

暦は様々ですが、これらの経験から初心者にお勧めする楽器を紹介していきたいと思います!

楽器を始めようとしているあなたへ

この記事を見に来たということは、あなたは楽器を始めてみたいと思って行ってことですね!

僕自身は楽器を何個か経験してますし、それらのうちの何個かは今でも続けています。きっかけは姉の旦那さん(当時は彼氏でした笑)が家にギターを持ってきて僕に貸してくれてそれをなんとなく手にとってやってみたのが始まりです!

まあ僕のきっかけはさておき、僕の経験からして楽器はどれも

個性があって楽しい!!

です!楽器がひとつできるだけでも気晴らしになりますし、人に見せられるレベルになればアピールポイントになりますよね!一度きりの人生に楽器という名の調味料を加えてみませんか?

いつもと変わらない日常に別な色が加えられますよ!

初心者にお勧めの楽器①:サックス

オススメPOINT
音の鳴らしやすさ
(3.5)
運指の難易度
(4.0)
始めやすさ
(4.0)
楽器の予算面
(2.5)
演奏ジャンルの広さ
(4.0)
レア度
(3.5)

サックスは細長い巻貝みたいな形をおしていますね!

これがまたカッコよくて男性にとても人気があります!ジャズや吹奏楽ではお馴染みのあの楽器です。ちなみに音はこんな感じ⇩(あくまでジャジーな音)

サックスと聞いて名探偵コナンのメインテーマを思い浮かべる人が多そうだなあと思い、今回aki2810様のこの演奏動画をお借りしました。いい渋い音…

この方はジャズの音なのでアンブシュアやマッピがおそらく普通の(吹奏楽などで使われてるもの)とは違いますが、しっかりと揃えて練習すればこんな音に近づけるかもしれませんね!

オススメする理由

サックスはリコーダーと運指がとても似ていますし、ボタン式ですから初心者の人でもとてもキーが押しやすいです。

音程も合わせやすいのでとりあえずやってみようかなという人にはオススメです。早い人は一ヶ月しないで簡単な曲は弾けるようになると思います。またサックスはメロディーメインの曲が多くあり演奏する側がとても楽しくなります!

またアンブシュア(口の形)がリコーダーなどとは全然違いますので始めたての人はアンブシュアに一番苦労すると思います。始めてからずっと人生の趣味にする人は、アンブシュアだけはプロや経験者から教わるようにしましょう!

加えて演奏するジャンル(クラシックやジャズ)によってアンブシュアやマッピを変えることがあります。音の好みに合わせて演奏するジャンルを決めましょう。

MEMO
楽器によっての個体差が大きく同じメーカーの同じ品番のモノでも音程などに差が出ることがあります。できれば、楽器屋に行って直接吹かせてもらったりプロの方に品選びをしてもらうことをお勧めします。初心者用などは正直あまりお勧めはしません。

初心者にオススメの楽器②:エレキベース

オススメPOINT
音の鳴らしやすさ
(4.5)
運指の難易度
(3.5)
始めやすさ
(4.0)
楽器の予算面
(5.0)
演奏ジャンルの広さ
(4.5)
レア度
(2.0)

バンドでは必須な楽器、ベース。初めて見る人はギターとの区別がつかないと思いますがギターは基本6本、ベースは基本4本の弦を使って演奏します。

ベース!!と言ったらこの人、Victor Wootenですね!うますぎて参考になりません笑

オススメする理由

基本的に一本の太い弦を指で抑えるので簡単な曲であればギターに比べるとまだ形になりやすく、早い段階でそれっぽく演奏することができます。また音楽を支えているという感覚が最高に楽しい楽器なので、メロディー以外の音楽の楽しみ方を知ることができます。

またサックスなどに比べると初心者向けに楽器を作っているメーカーが多くあるため楽器を始めるにあたって考えなければいけない予算も少なくて済みます。

楽器自体の値段も1〜3万円程度で簡単に手に入れることができます。

MEMO
奏法も色々あり、ギターのようにピックを使って演奏するピック弾き、ピックの代わりに人差し指と中指で弦を弾くフィンガー奏法、指で打楽器のように弾くスラップ奏法などがあります。

初心者にオススメの楽器③:チェロ

オススメPOINT
音の鳴らしやすさ
(2.5)
運指の難易度
(3.0)
始めやすさ
(3.0)
楽器の予算面
(3.0)
演奏ジャンルの広さ
(2.0)
レア度
(5.0)

クラシック弦楽器を始めたいという方にはチェロをお勧めします。チェロはコントラバスよりも小さくて、ヴァイオリンよりも大きいアレです!弦は4本です!

4本という点でベースと音程が同じなのでは?と思った人もいると思いますが、全然違います笑

ベースと音程が同じなのはコントラバスですね!

この有名な曲はチェロの曲です!一度は耳にしたことがあると思います!

曲はバッハ無伴奏チェロ組曲といいます。

オススメする理由

チェロはクラシック弦楽器の中で中間くらいのサイズですので大きすぎず小さすぎず部屋のインテリアにもなる楽器です。部屋にもすっと置けるサイズです。

音も伴奏を担当する時もあれば主旋律を担当することもあります。音域がどちらにも対応出来るので少し前に流行ったCellosのように2本のチェロで曲を成り立たせることができます。

ジャンルは主にクラシックだと思いますので、クラシックをメインにやりたいという方には超もってこいの楽器です。最近では初心者用の楽器も増えてきている上に、それらの初心者用の楽器の品質自体も上がってきています。

まともな楽器を買おうとすると値段はかなりの出費は逃れられませんが、初心者用の楽器であれば案外3万〜6万程度で手に入りますし全然使えます。

是非、弓を使って演奏するというクラシック弦楽器特有の演奏方法を使って楽しんでください。

MEMO
上記の二つに比べると正直、人様に聴かせられる程度になるまで時間がかかります。また、音程を合わせること自体が最初はとても難しいので基礎練習を行ってはいけません。音程を取れるようになってきたら曲などの練習をスタートしましょう。

初心者にオススメの楽器④:フルート

オススメPOINT
音の鳴らしやすさ
(3.5)
運指の難易度
(3.5)
始めやすさ
(5.0)
楽器の予算面
(4.5)
演奏ジャンルの広さ
(3.5)
レア度
(3.5)

フルートは女性に人気の楽器のイメージがとても強いですよね!基本的にメロディーを担当する楽器ですね!音も優しく癒されます。

女性のイメージが強いと思いますので、あえて男性の演奏動画を上げました。動画は尾崎勇太さんのLA LA LANDの『Another day of san』です!(個人的にめっちゃ好きな曲)

いいっすね〜

オススメする理由

フルートは小さくて持ち運びがとても楽です。練習場所も選べます。運指はリコーダーと似てますが、高音になるにつれて複雑な運指になってきます。

フルートは早いパッセージばどがあり演奏してる側はとても楽しい楽器になります。また基本的には主旋律を演奏しますので目立ちたいという方にはとてもオススメです。ジャンルはクラシックやポップなど多くのジャンルに対応しています。

楽器の値段もそこまで高くはなくそれなりにまともな楽器でも頑張れば手が届きます。

吹いていてとても楽しいですし、手入れもすぐすみますので楽器の出し入れが楽です。

是非、チェレンジしてみてください!

MEMO
ただ早いパッセージが多い分、運指が忙しいです。練習を重ねなければいけません。また高音を出すにはアンブシュアの研究と練習が必要です。

 

まとめ

今回、私の独断で初心者にオススメの楽器を僕の経験からして書かせていただきました。ですがあくまで

僕個人の意見!!

ですので、参考までにしてみてください。また楽器は自分が本当にやりたい楽器を自分で選んでするのが一番いいです!難しいとかやりやすいとか上達しやすいとか正直長く続ける人にとっては全く関係ないです。

また今回挙げた楽器もある程度まともに弾けるようになるまでは

他の楽器と全く劣らず長い長い練習時間が必要です。ただ単に、早い段階でそこそこの形になるっていう話です。

ですので、一生の趣味にしたいという方は本当に自分の感覚と予算にあった、そしてやりたいと直感的に思った楽器を選んでください!

ですが、なんとなく直感的にはわからなかったり楽器のイメージができなかったりする方はこの記事を参考にしてください!

では!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。