【学生向け】大学生活の時間がめちゃくちゃ大切な理由

どうもタケちんです。

最近、部活やらバイトやら(バイトやめてー!)で時間がなかなか取れず記事を書けませんでしたが、今日ちょっと暇になったので、どうせならと

『時間』をてテーマにした記事を書こうかと思います!

大学生は暇でグダグダしてしまう時期とかあると思うんです。それは僕を含め多くの学生に共通することだと思います。

ただ、だからこそこの大学生活の時間を大切にしてほしい!!

その理由を僕の経験を踏まえて書いていきたいと思います。

大学生なんてあっという間

大学の4年間なんてあっという間ですよ。これは大げさではなく本当にです。暇でバイトしてるか呑んだくれてればとりあえず非難の目も浴びず生きていける生物。でもその暇で落単以外の危機を感じなくていいっていうのはつまり、大学生って

『何をやっても大丈夫な時期』

でもあるわけですよね。でもその『何やっても大丈夫な時期』って有限なわけです。4年間しかない。就活やその他を除けばもっと少ないです。

入学してから3年生の前期あたりまで、ほとんどの学生が時間に対しての危機感がないんです。特にやりたいこともないし、就活が近いわけでもない。将来だって適当な会社に就ければいいって思っているんです。

でもいざ就活が近づいてきた時に思うわけですよ。大学で何もしてないなぁって。

もちろん、何かに没頭していたとかやりたいことに取り組んでいたとかならいいんですよ。それは部活であったり学生団体であったり。その人達にとっては没頭したその時間が何よりも充実していて満足だったに違いないので。

問題は『何も考えずにただ時間を浪費してきた学生』なんですよね。

そんな人にはなって欲しくないので、そんな人になりかけていた僕から

入学して間もない大学生や今年から2年生だっていう学生達にメッセージを送りたい!

大学生活の時間が大切な理由①:将来の方向性に大きく響く

大学生活の時間が大切な理由で一番に思いついたのがこれでしたね。

大学生って基本暇な生物ですけど、この時期に没頭したことだったり決行した事は後々、将来に大きく響くと思うんです。

そんな僕も大学でブログをやってますが、今後社会人になってもブログを続けて行くつもりですし、いつかはブログで食っていきたいって考えてます。考えてるだけですけど。

他にも大学で旅好きになる人だっています。ボランティアをやって何かの団体で活動し続ける人もいます。筋トレに目覚めて生涯筋トレをしようと決めてる人だっています。

大学のこの暇な時間というのは一見、大人からしたらただの授業料の無駄遣いと思われるかもしれませんが、この暇な時間こそ、高校のように部活や規則に縛られないこの時間こそ、学生が本当にやりたいことを心から楽しむことができる時間だと思うんです。

この時間に実行したことや挑戦してみたことは大人になっても自分を支え続けてくれると思いますし、もしかしたら仕事にも関係してくるかもしれません。

ですが、逆に何もやらないと社会人になってもただ与えられた仕事をこなすだけの人生になりかねません。

大学生活に比べて社会人生活はめちゃめちゃ長いで訳ですから、短いけど今後に影響を与える大学生活の時間っていうのは本当に大切なわけです。

なにか1つ、没頭できるもの、趣味になるもの、なんでもいいと思います。何かを見つけてそれを社会人になるまでに実行する、また育てたりしましょう。

大学生活の時間が大切な理由②:本当の自分のやりたいことをできる

前述したように大学生は文字で表すと『基本的に暇でゆるくて割とバカやっても周りは温かい目で見てくれる生き物』な訳ですよね。

まあなんていうか大学生って

「大人になりきれない学生」な訳です。

この学生っていうのが重要で、何か自分の本当にしたいことがちょっと奇抜で一般的な日本人から見たら変な目で見られることだったとして、それを実行した時に周りの大人は

「あの人、変わったことやってんなぁ、まあでも学生さんだし」

っていう感じで見るわけです。ですがこれが社会人の大人が同じことをやると

「あの人、かわったことやってんなぁ、大人なのに」

ってなるわけです。日本人は有益ではない変わったことをするような人を色眼鏡で見る傾向があります。でも学生という立場を使うとそのような色眼鏡をなんとか外してもらえるわけです。

大学生活の時間は学生という立場を存分に利用して自分の本当にやりたいことを実践してみる大切な時間です。大人も不思議と協力的です。

縛るものが何もない大学生活のうちでさえ周りからの目を恐れていたら、その人はおそらく、いや間違いなく社会人になってから同じことはできないでしょう。

本当にやりたいことを見つけたら迷わず決行。大学生活の時間は有限です。

大学生活の時間が大切な理由③:案外仲間がうじゃうじゃいる

大学生になってから気づいたことですが、結構やりたいことを思うままにやっている人が結構います。そのような人は割合的には大学生全体と比較すると少数派だと思いますが、見つけようと思えば簡単に見つかります。

それは学生団体であったり、サークルであったり、ボランティア活動であったり、自分が所属する団体にも身近にいるものです。そのような人とと出会うだけでも全然違います。

モチベーションにもつながりますし、もしかしたら今後その人が支えになる可能性だってあるわけです。それに気づきにくいだけで、本当にうじゃうじゃいるんです。お互いには気づきにくいかもしれませんが、是非大学生活でそんな人で出会ってほいしです。

別に同じ大学でなくてもいいんです。今やSNSが盛んな時代なんですから大いに活用して仲間を見つけましょう。

それで何か好きなことがあるけど、誰かと共有することができない、人が周りにそんな人がいない、って人は

ブログ始めちゃえばいいんですよ!!

簡単でしょ?!

最後に

僕は今、大学2年生です。そして今年から大学3年生なんです。もう大学生活の折開始地点にいるわけです。早いです。

とりあえず部活やったりバイトやったりしてたらもうこんな時期。何もしてない、、

どうかこの記事を読んでくれた人は、これを読み終わった瞬間から何かアクションを起こしてほしいですね。もたもたしてたら大学生活なんてあっという間です。

大学生という立場を存分に利用しまくって最高の大学生活にしてほしいです。思い立ったら即行動!!

それでは!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。